◇ 社 会 ◇  日本社会に関する「基礎的な現状認識」を共有しよう。・・・ 日本国の歴史・伝統・文化の中心者たる天皇を敬愛する国民を「臣民」と 呼ぶ。 経営学で言う「2:6:2の原則」からすれば、「国民」の中における「臣民」の比率は20%になる。 また、政治状況を正しく認識しない「普通国民」60%。 日本国籍を持った朝鮮人から構成される 「反日左翼」20%となる。 なお、「国民」に含まれない「在日外国人」は、不法滞在者を含め、日本社会の中に250万人以上いるが、朝鮮人・中国人ばかりであり、これを「反日左翼」に加える。 以上を図式化すると、在日外国人+反日左翼> 普通国民> 臣民 となる。  但し、> の向きは逆でもよいだろう。 法務省用語では、在日外国人⇒ 在留外国人、不法滞在者⇒ 不法残留者となる。 なぜ、日本社会に関する 「基礎的な現状認識」を、ここで明確にしたかと言えば、「基礎的な現状認識」の狂っている人が非常に多く、そういう人が何かの物事を分析しても、ことごとく間違った判断を下し、予測も的中せず、その人の周囲 に不幸を拡散し続けるからだ。 だから、物事を認識するに至る判断の指標を正さねばならない。 例えば、(事例1)共謀罪法案に狂ったように反対してきたのは「在日外国人+反日左翼」であり、そのプロパガンダ は「普通国民」を取り込むために行われてきた。 この日本社会の現状を認識した人と認識していない人とでは、今後の判断と行動に大きな違いが生じ、日本社会の現状を正しく認識していない人は、自覚せずに、テロ 等の凶悪犯罪を助長してしまう。 (事例2)1960年代の朝鮮総連は、テレビ局の経営陣の自宅に押し寄せ、脅迫的な抗議行動を続けた。 この結果、社員の採用に「在日枠」を設けた。 そして、日本国籍を取り 日本人名を名乗る「成り済まし日本人」の朝鮮人を無試験で採用してきた。 「成り済まし日本人」の潜入増大は、テレビ局に限ったことではなく、議員・官公庁・地方自治体・メディア・大学・宗教団体・・・ といった政官財報学宗の各界各分野に及び、大蔵省高官の新井将敬(朴景在)・朝日新聞社長の木村伊量(朴伊量)といった無数の、日本人に成り済ました「日本国籍朝鮮人」が、各界各分野で暗躍し、日本人を憎み、 犯罪を望み、日本国を破壊してきた。 当然のことながら、テレビ報道される凶悪事件の犯罪者の名前は、通名で日本人のように報道されるが、実際には朝鮮人だ。 従って、日本社会の万事において、最初に考え、 最後に考えることは、『日本人に成り済ました「日本国籍朝鮮人」であるか否か』という事だ。 反日左翼の正体は「日本国籍朝鮮人」であるが、これを知らない人は、「日本国籍朝鮮人」を「帰化人」と表現する。  しかし、反日左翼(=朝鮮人)は、日本人に「帰化」したとは思っていない。あくまで朝鮮人の犯罪的な精神文化のままであり、日本人に敵対する。 だから、「日本国籍朝鮮人」を、国と地方の議員・公務員・ メディアから完全に排除しない限り、日本人と日本社会が直面している犯罪問題を解決することはできない。 なぜなら、「日本国籍朝鮮人」は、『日本死ね!』と叫び、日本人と日本文化を憎み破壊し、あらゆる 虚偽・欺瞞・誤謬を毎日宣伝しているからだ。 「日本国籍朝鮮人」を、国と地方の議員・公務員・メディアから完全に排除することにより、一切の犯罪問題を解決できる。 このため、新しい公職選挙法・公務員法 ・捏造報道規制法・スパイ防止法を制定しなければならない。 また、国籍法も、謝蓮舫のような違反者に対する罰則規定を設けるべきである。 これは急務だ。 なぜなら、生きる希望を失った若年層の自殺率にも 「日本国籍朝鮮人」の悪影響が濃密に反映されている。 厚生労働省『自殺対策白書』(2017年)によれば、G7各国の若者の死因を比べると、日本国の若年層(15〜34歳)の死因の第1位は自殺で、事故等 を含む死亡率も、他国の2〜4倍と高い。 そして、誰一人として明確に指摘しないが、自殺の原因は「日本国籍朝鮮人」の社会的影響力の増大にある。 社会的影響力の増大は、ブラック企業・朝鮮総連・韓国民団 ・朝鮮大学校・中国NPO・朝日新聞・・・など、反日左翼の諸活動を通じて行われ、また、政府・与党内の野田毅(1941〜)のごとく、超緊縮財政を行い、消費税増税を進め、アベノミクスを後退させ、 「反アベノミクスの会」を立ち上げた親中派の「日本国籍朝鮮人」議員の働きによる。 議員・公務員・メディア関係者の反国家的・反政府的・反社会的な言動の動機を調べ、『日本人に成り済ました「日本国籍朝鮮人」 であるか否か』を識別し、生きる希望に満ち溢れた、善良な日本社会の構築を急ぎましょう! 

【 教育理念・政治政策

IOND University

The Platform

【 インフォメーション 】

Information

Message from The Provost

Professors

Programs

Admission

MBA Course 

International Honorary Scientific Society

Bulletin

Book Corner


【 付属機関・研究所 】

Translation Research Center

Marine Research Laboratory

High School

Think Tank / C.R.C.T.


【 学術提携校 】

フィリピン国立ミンダナオ大学
Mindanao State University

Universidad De Manila
University of Lodz
Other Universities

【 参考資料館 】

View on US Higher Education
米国の高等教育制度 
Educational Reformation
日本国の教育改革の方向性
Publicity Board
E-mail Magazine
Weblog / Links


IOND University AHQ (管理本部)
105-0003 東京都 港区 西新橋 1-2-9
HCビル 14F
14th Fl, HC Bldg. 1-2-9, Nishi Shinbashi, Minato-ku, Tokyo 105-0003 Japan


IOND University Tokyo (東京校)
166-0003 東京都 杉並区 高円寺南 2-35-15 KDビル 4F
2-35-15-4F, Koenjiminami,Suginami-ku,Tokyo 166-0003 Japan



IOND University Hawaii (ハワイ校)
140 Liliuokalani, Suite 107
Honolulu
, Hawaii 96815 U.S.A.


       管理本部 広報課
       info@iond-univ.org

 本学は、日本国の文部科学省の所管大学ではありません。  自由・自治・独立の教育理念に基づく 、シンクタンク型の高等教育機関です。


                    過去ログ倉庫

     
     
世界の平和と繁栄を求めて 「日米同盟」 を強化するシンクタンク

     A Think-Tank University that seeks world's peace and prosperity,
     
     thus strengthening the U.S.-Japan Alliance.




    〜 IOND University  3 つ の 特 徴 〜


    1. 産学協同のシンクタンク型大学

    2. 距離的・時間的制約を克服したインターネット大学

    3. 社会経験も単位査定評価するアセスメント大学


       学   長   オ ル テ ガ  I. 中 野 ( 教育学博士 )
              
               
       理 事 長    橋   斎         ( 社会学博士 )



愛唱歌 IOND University 校 歌
(Click) 

Copyright (C) 1998 - 2017    IOND University Japan. All Rights Reserved.